バンビーナティアラ度なし

せっかくハーフ顔を演出してくれるバンビーナティアラがあるなら、バンビーナティアラをするだけで可愛く見えるので、メイクは落ち着いていた方がバランスが取れます。また色味がブラウンではなく、ブルーやグリーン、パープルなどにした場合、メイクも普段とは少し変える必要があるかもしれません。例えばブルーのバンビーナティアラをしているのに、アイシャドーにピンク色を使用したり、チークや口紅の色味も濃いピンク色なら、アンバランスとなってしまいます。

せっかく瞳をブルーにしたなら、他の色味は抑えるようなメイクが良いでしょう。あくまでも顔全体のバランスが大切なので、バンビーナティアラをした日には、いつもとは違うメイクに挑戦してみるようにしましょう。どうしてもバンビーナティアラをしているのに、メイクの方法が分からない、そんな時はメイクの色味をほぼ抑えてみるのがおすすめです。

バンビーナティアラの色味が強ければ強いほど、メイクの色味は控えめにしてみましょう。バンビーナティアラをするだけで、ハーフのような顔立ちになることができ、印象を大きく変えることができます。それに合わせてメイクの方法を変えるのはもちろんのこと、髪の毛の色味なども思い切って変えてみるのもおすすめです。もし髪の毛の色味を簡単に変えることができないなら、ウイッグなどを使うのも良いでしょう。色々試してみてください。